IMPLANT

天然歯と変わりない噛み心地
と美しさを実現します

インプラントは歯を失ったときの対処法の一つです。あごの骨にチタンで作られた人工歯根を埋め込み、
その上にセラミックなどで作った人工歯を装着します。
虫歯や歯周病の他、ケガで歯を失ったときの選択肢になりますし、先天的に歯がない場合にも適用できます。
入れ歯のようにズレたり外れたりすることが無く、仕上がりが美しいうえに硬いものでもしっかり噛んで食事ができるので、
天然歯とほとんど変わりない使い心地が魅力です。

インプラントはこんな方におすすめの治療です

  • 周囲の歯を削らずに歯を補いたい
  • 自分の歯のように食事を楽しみたい
  • 見た目の美しさも手に入れたい
  • 入れ歯の見た目や噛み心地が好きではない

歯を抜けた部分を放置することによっておこる悪影響

歯を抜けた部分を放置することによっておこる悪影響

歯が抜けたままにして放置しておくと、お口の中には様々な影響が出てきます。奥歯の下の歯が1本抜けた場合、まずこれまでその歯と噛み合っていた上の歯が下に伸びてきます。また、両隣の歯が抜けた歯の方向に倒れてきて、さらにはそこにプラークがたまりやすくなります。

結果として、虫歯や歯周病などが誘発されやすくなります。歯はかなり緻密に全体のバランスの中で成り立っているものなので、例え1本の欠損の場合でも、そのままにしておくことはお勧めできません。

当院のインプラント治療

1歯科用CTや咬合器を使用し多角的な診断を

歯科用CTや咬合器を使用し多角的な診断

インプラントを埋入する際、口腔内の状況を知るためにCTで撮影することを基本とし、コンピュータ上で埋入のシミュレーションをおこない準備を万全にします。さらに咬み合わせの仕上がりを確認するための歯型模型を作製し、デジタルとアナログ両面からの視点で安全性を高めた状態で手術に進みます。

2安全性の高いサージカルガイドをつかった埋入

安全性の高いサージカルガイドをつかった埋入

当院では、金属アレルギーがほぼ無いチタン製インプラントをオススメしています。 また、取り扱うインプラントは、世界一位のシェアを誇るストローマンや、ドイツのシェア一位のカムログなど、世界で広く採用されている信頼度の高いものです。
安全性の高い素材、そして安全性を高める事前のデータ照合など、多角的な診断から安心してインプラントの埋入に進んでいただけます。埋入位置を定めるための「サージカルガイド」で、正確な手術を実現しています。
サージカルガイドを使ったインプラント治療では、歯の形の完成形を模型上で実際に作製し、それを一度コンピューターに読み込ませます。一番理想的な形に調整したあと、それを再現できるようにサージカルガイドを設計して、インプラント埋入手術に臨みます。

3顎の骨が少ない方のための骨造成処置について

顎の骨が少ない方のための骨造成処置

土台となる骨が溶けてしまっている状態でも、骨造成(こつぞうせい)技術によって周辺の骨を再生し、インプラントを埋入できる可能性もあります。骨補填材など様々な薬剤を使用し、症状にあわせた骨の再生が可能ですので、これまでインプラント治療を受けたくても骨量の関係で治療を受けることができなかった方もご相談ください。

インプラントのメリット・デメリット

Merit

  • 健康な歯を削る必要がない(残っている歯を守る)
  • よく噛めて食事を楽しめる
  • 見た目の良い歯(人工歯)を装着できる

Demerit

  • 保険がきかないため治療費が高くなる(自由診療)
  • 外科手術が必要になる
  • 術後はメンテナンスが必要

インプラント料金表

  • インプラント埋入費用 ¥198,000(税込)
  • プロビジョナルレストレーション(仮歯) ¥16,500(税込)
  • アバットメント(インプラントとクラウンの連結部)作製 ¥110,000(税込)
  • 上部構造(クラウン)作製 ¥110,000(税込)
  • GBR(歯槽骨再生) ¥55,000(税込) ~ ¥165,000(税込)