ORTHODONTICS

健康な歯を保つベースと
なるのは整った歯並び

矯正歯科とは、悪い歯並びを歯科専用の治療器具を用いて綺麗な口元に整える治療です。
矯正治療では、見た目のよい歯並びにするだけではなく、
噛み合わせにも注目し、機能的な歯並びに整えることも大切です。歯並びが改善することにより、むし歯や歯周病の予防にも繋がります。
矯正歯科で美しく機能的な歯並び手に入れ、健康な毎日を過ごしましょう。

矯正歯科の必要性

矯正 歯医者 佐伯市

歯列不正があると「できない治療」が増えてしまいます

矯正治療はキレイな歯並びになることだけが目的ではなく、調和の取れた顔貌、噛み合わせ機能の改善、発音障害の改善、及び全身の健康への影響など、毎日の生活に深く関わる治療です。
歯並びが悪いことが原因で施すことのできない治療もありますので、まずは歯並びを改善することを呼びかけています。
将来的にご自分の歯を長持ちさせるためにも、良い機能をもった歯並びが非常に重要です。
当院では、大分より月に1度矯正専門医を招いて診察をお願いしております。まずはご相談ください。

不正咬合による主な症状

  • 虫歯や歯周病を繰り返してしまう
  • 食べ物がよく噛めない
  • 発音が聞き取りにくい
  • 虫歯や歯周病を繰り返してしまう
  • 食べ物がよく噛めない
  • 発音が聞き取りにくい

当院でできる
矯正治療のご紹介

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正 歯医者 佐伯市

歯の表面にブラケットと呼ばれるパーツを取り付け、ワイヤーを通して力をかけることで歯を移動させます。金属の装置が目立ってしまう難点はありますが、歴史が長いことからエビデンスも豊富です。効率よく矯正ができる上に費用も他の矯正方法と比べて、比較的安いメリットがあります。
外観を気にする方には、目立たない色の装置を使ったワイヤー矯正を提供することもできます。治療の注意点としては、自費診療のため費用的にはやや高くなりますので、ライフスタイルに合った方法を選定してください。

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン) 歯医者 佐伯市

患者様に合わせて作る透明なマウスピースを使う矯正方法です。ワイヤー矯正のように装置が目立たず、食事や清掃の時に簡単に脱着できるメリットがありますから、外観が気になる方におすすめです。
当院が採用しているのは「インビザライン」と呼ばれるマウスピース矯正で、アメリカの企業が開発したものです。治療計画をデジタルデータで管理できるので、患者様にとってゴールイメージが持ちやすい利点があります。
注意点として、歯を動かす範囲が多い場合など症例によってはマウスピースによる矯正が適用できないこともありますので、一度ご相談ください。

子どもの矯正について

発達段階や症例に応じた柔軟な矯正治療を行うことが可能です

子どもの矯正 歯医者 佐伯市

あごの幅が十分に発達しないと永久歯がキレイに並ぶスペースができず、歯並びが悪くなりがちです。成長後に矯正をする場合、スペースを作るために抜歯を必要とする場合がありますが、幼児期に拡大床という装置を使ってあごの幅を広げると、抜歯せずに美しい歯並びを手に入れることができます。
注意点として、一定時間以上の装着ができない場合効果が十分に得られないため、お子様と保護者の方の協力が必要です。
当院では、反対咬合(受け口)のお子様に対して、ムーシールドという装置を使った矯正も行っています。お子様の歯並びが気になる場合、ぜひ当院にご相談ください。

矯正歯科Q&A

Q
矯正の治療では必ず抜歯が必要ですか?
A
レントゲン撮影やCT、咬合器による測定などの精密検査の結果、歯と顎のバランスなどを矯正専門医が総合的に診断し、歯を抜いて治療した方が、結果的に残りの歯を守ることができると考えられる場合は、患者様にその旨をご説明し、ご理解いただいた上で、抜歯処置を行うこともあります。
Q
治療期間はどれくらいですか?
A
治療を受けられる方の年齢や、かみ合わせの状態など症例によって治療期間は異なります。
簡単な装置で短期間で終了する場合もありますし、矯正治療の前に虫歯の治療や歯周病治療が必要な場合は、その分治療期間が伸びることもあります。
Q
矯正治療はいつ頃から始めるといいのですか?
A
一般的に“永久歯の前歯が生えた頃”や、“大人の歯がはえそろった頃”などと言われていますが、歯並びやかみ合わせの状態によって、治療を開始するタイミングは異なります。
かみ合わせが原因で顎の成長方向がずれている場合などは、乳歯の時期でもマウスピースや拡大装置を使用して治療を開始することがあります。また、お子さんの年齢によって装着が難しい等判断した場合は、適切な治療開始時期まで治療をせずに様子をみることもあります。お子さんのかみ合わせに気になるところがあったら、治療の必要の有無をご自身で判断せず、まずは矯正専門医に相談されることをお勧めします。
Q
悪い歯並びは治さないといけないのですか?
A
日本歯科医師会が行っている“8020運動”という取り組みをご存じでしょうか。これは、80歳になった時に、20本の自分の歯を残そうという運動です。実際に80歳で20本の歯が残っている方の歯並びを調べてみると、比較的、良いかみ合わせ、良い歯並びの方がほとんどです。逆に、受け口(下顎前突)や前歯が噛んでいない(開咬)の噛み合わせの方は、8020を達成している人はほとんどいないというデータがあるのです。
歯並びが良くないと、虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。
また、かみ合わせが悪いことが、食事後の食べ物の消化にも影響します。
矯正治療の目的は、歯並びを整えて綺麗にするだけではなく、全身の健康も考慮し、心身ともにいつまでも健康に生きることであると考えます。

矯正歯科 料金表

  • 矯正相談 無料
  • ワイヤー矯正 ¥759,000(税込)~¥924,000(税込)
  • インビザライン ¥924,000(税込)
  • 小児咬合育成(拡大床・アクチバトール)
    ※拡大後ブラケット矯正が必要な場合はブラケット矯正費用から拡大床の費用を引きます
    ¥385,000(税込)
  • 矯正診断料 ¥33,000(税込)~¥55,000(税込)
  • セファロ撮影 ¥5,500(税込)